市民自治の知識と実践_市民活動を社会科学的に考察

閲覧数792
ダウンロード数1
履歴確認

    • ページ数 : 1ページ
    • 会員550円 | 非会員660円

    資料紹介

    「市民活動・実践を社会科学的に考察する意義とは」について。身近な活動例を挙げつつ考察するもの

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    市民活動の実践を社会科学的に探究すべき理由は何か。
    1 松下圭一によれば、「市民自治」とは、「従前は政治の客体であった市民に、政治の主
    役としての立場を取り戻そうとする概念」である。この実践を社会科学的に探究すべき理
    由とはどのようなものだろうか。この点、アダム・スミスの『国富論』が、近代的個人の
    各自の生活状態の改善を求める努力から出発し、富の性質と原因に関する理論的探求がや
    がて個人利益を超えた社会全体の公共政策論に繋がった過程を念頭に置きつつ、近時注目
    される技術であるドローンを例に考える。
    2 最初にドローンが注目を集めたのは、落下事故や盗撮などの悪用であり、これを回避
    するため..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。