東京理科大学 2020年度 2年次一般化学実験 5. メチルオレンジの活性アルミナへの吸着 レポート S判定

閲覧数517
ダウンロード数0
履歴確認
更新前ファイル(1件)

    • ページ数 : 16ページ
    • 会員550円 | 非会員660円

    資料紹介

    2020年度版の2年次一般化学実験でSを取ったレポートです。 本レポートを参考に自身の記述を織り交ぜてご利用いただけると幸いです。 ※内容の丸写しは絶対にお控えください

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    0
    一般化学実験結果報告書
    題目 5. メチルオレンジの活性アルミナへの吸着
    提出者氏名
    科 組
    学籍番号
    配信日 令和 2年 7月 1日
    提出日 令和 2年 7月 5日
    評点
    1. 要旨
    あらかじめ調整されていた 4.0 mMのメチルオレンジ溶液を用いて、No.1~5 の濃度の
    1
    メチルオレンジ水溶液(2.9× 10
    -3、2.6× 10
    -3、2.2× 10
    -3、2.1× 10
    -3、1.9× 10
    -3)を作り、
    これを初濃度 C0とした。ここに約 0.45g に秤量したアルミナの粉末を加えて吸着を開
    始した。
    検量線を作成するために 5 種類の濃度のメチルオレンジ水溶液( 8.0× 10
    -6、1.6× 10
    -5、
    2.4× 10
    -5、3.2× 10
    -5、4.0× 10
    -5)を作った。それぞれの吸光度を測定し(0.201、0.401、
    0.600、0.800、1.006)、検量線溶液の濃度を横軸、吸光度を縦軸としてプロットして
    回帰直線を求めると
    y=25112.5 x ― 0.00110000
    ただし、x は MO濃度(mol/L) y..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。