ビリーバッドのテーマについて

閲覧数322
ダウンロード数0
履歴確認

    • ページ数 : 4ページ
    • 会員550円 | 非会員660円

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    ビリー・バッドのテーマについて
    ◼はじめに
    ハーマン・メルヴィルのビリー・バッドを学び、私はこの小説のテーマが「メ
    ルヴィルが抱く真理」であると考えた。ここではメルヴィルの真理観について
    考えたことを以下のようにまとめる。
    1, メルヴィルの生い立ち、思想の背景(バックボーン)
    2, メルヴィルの宗教的真理観
    3, メルヴィルの社会観
    4, まとめ
    5, 最後に
    6, 引用文献
    1,メルヴィルの生い立ち、思想の背景(バックボーン)
    彼はニューヨークの裕福な家のもと三男として生まれた。この時点ではごく普
    通の家族愛のもとで暮らしたのであると考えられる。しかし 11 歳の頃転機が訪
    れる。家の経済状態が悪くなる。母の実家(ニューヨーク州の州都オルバニ)
    に移り住むも、2 年後父が多額の借金を残し死亡。一家の破綻というは年頃のメ
    ルヴィルにとって大きかったとかんがえられる。やむなく学校を中退した彼は
    ニューヨーク州立銀行で働き、16 歳で教員の資格を取ったのち短いあいだ小学
    校の教員を務め、また測量土木の技師を志すが、債権者に迫られるほど家計が
    逼迫したため一家はオールバ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。