社会調査の基礎

閲覧数313
ダウンロード数0
履歴確認

    • ページ数 : 1ページ
    • 会員550円 | 非会員660円

    資料紹介

    【科目】社会調査の基礎【課題】量的調査について述べよ【採点結果:A判定】
    そのままの提出はお控えください

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    社会調査には大きく分けて二つの手法(質的調査と量的調査)がある。量的調査とは、
    調査結果を数値化することを目的に実施される調査である。調査対象の集団から、ある規
    模の数値化できるデータを集め、その集めたデータから元の調査対象の集団の性質を統計
    学的に探ろう、というものである。
    量的調査を進めていくにあたり、どのように標本抽出(サンプリング)していくかが問
    題となる。基本的には、ある母集団から調査対象者を等確立で抽出する無作為抽出が行わ
    れる。しかし、実際に無作為抽出を行おうとする場合、コストがかかりすぎてしまうので
    、層化抽出法(予め割合が知られているいくつかの層ごとに標本の無作為抽出を行う..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。