社会保障①

閲覧数391
ダウンロード数0
履歴確認

    • ページ数 : 1ページ
    • 会員550円 | 非会員660円

    資料紹介

    【科目】社会保障【課題】ベヴァリッジ報告書について記せ【採点結果:B判定】
    そのままの提出はお控えください

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    20 世紀に入り、産業革命にて裕福となったイギリスには、その一方で貧困に苦しんで
    いる人々が大勢いることが問題視された。第 2 次世界大戦中、国民健康保険制度や失業保
    険制度等についての検討が行われる。ウイリアム・ヘンリー・ベヴァリッジを委員長とす
    る委員会が設置され、1942 年に社会保険及び関連サービスについての報告書、通称「ベ
    ヴァリッジ報告書」が作成された。この報告書により「ゆりかごから墓場まで」という言
    葉に表されるような、戦後のイギリスの社会保障政策が決定づけられることとなる。
    この報告書の中でベヴァリッジが「窮乏・疾病・無知・不潔・怠惰」の五つの要素が社
    会を脅かす「五つの巨人..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。