【PB2130】初等算数科教育法 1単位目 2019年度~

閲覧数249
ダウンロード数2
履歴確認

    • ページ数 : 3ページ
    • 会員550円 | 非会員660円

    資料紹介

    明星大学通信教育部
    【PB2130】初等算数科教育法 1単位目 1発合格レポートです。

    ≪使用テキスト≫
    『子どもの学びを深める新しい算数科教育法』齋藤昇 他著(東洋館出版)

    ≪課題≫
    ⑴テキストの「数と計算」領域についての今日的課題を要約し、学習指導要領解説算数編(平成29年6月)の「A 数と計算」における「数学的活動」の第1~3学年の教材を1つ取り上げ、どのような活動を通して算数の何を学ばせるのかについて、具体例を挙げて説明しなさい。
    ⑵テキストの「図形」領域についての今日的課題を要約し、学習指導要領解説算数編(平成29年6月)の「B 図形」における「数学的活動」の教材を1つ取り上げ、どのような活動を通して算数の何を学ばせるのかについて具体例を挙げて説明しなさい。

    皆様の参考になれば嬉しいです。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    【PB2130】初等算数科教育法 1単位目
    ≪課題≫
    ⑴テキストの「数と計算」領域についての今日的課題を要約し、学習指導要領解説算数編
    (平成 29 年 6 月)の「A 数と計算」における「数学的活動」の第 1~3学年の教材を 1
    つ取り上げ、どのような活動を通して算数の何を学ばせるのかについて、具体例を挙げて
    説明しなさい。
    ⑵テキストの「図形」領域についての今日的課題を要約し、学習指導要領解説算数編(平
    成 29 年 6 月)の「B 図形」における「数学的活動」の教材を 1 つ取り上げ、どのような
    活動を通して算数の何を学ばせるのかについて具体例を挙げて説明しなさい。
    ≪ここから本文≫
    ⑴「数と計算」領域は、計算力の向上を図るあまり、式を立てて意味や過程を考えさせる
    ことが不十分である。本来、算数の学習において身に付けるべき力は、計算力の他に数を
    用いた表現力や論理的思考力であり、これらの日常の事象に生かすことが大切である。算
    数での学びをより確実に身に付けるために、以下の点を特に留意して授業を展開する必要
    がある。
    1 つ目は、日常生活や自然の中を想定して学習した計算..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。