8月提出済み 介護体験R履修

閲覧数104
ダウンロード数0
履歴確認

    • ページ数 : 2ページ
    • 会員550円 | 非会員660円

    資料紹介

    佛教大学 【最終試験】合格済みのレポートです。
    本レポートを参考に自身の経験を織り交ぜてご利用いただけると幸いです。
    ※内容の丸写しは絶対にお控えください

    ○佛教大学通信教育課程のレポートをまとめていますので
    是非、お気軽にご覧ください!お役に立てれば幸いです!

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    介護等体験の必要性について、あなたが取得予定の教員免許(主免)との関係で論じなさ
    い。その際、教職に求められる能力や資質についても言及すること。
    まずは、教職に求められる能力や資質について考えること。そして、介護等体験の設立背
    景や意義について理解を深め、自身にとっての意味を見出すこと。
    小学校・中学校の教員免許状を取得する際に介護体験が義務づけられているのは、平成 9
    年の文部事務次官からの通達で「小学校及び中学校の教諭の普通免許状に係る教育職員免
    許法の特例等に関する法律の施行」という存在が背景にある。この法律の趣旨には「義務
    教育に従事する教員が個人の尊厳及び社会連帯の理念に関する認識を深めることの重要性
    にかんがみ、教員としての資質の向上を図り、義務教育の一層の充実を期する観点から、
    小学校又は中学校の教諭の普通免許状の授与を受けようとする者に、障害者、高齢者等に
    対する介護、介助、これらの者との交流の体験を行わせる措置を講ずるため、小学校及び
    中学校の教諭の普通免許状の授与について教育職員免許法の特例法を定めるものとする。」
    と記されている。これらによって個人の尊厳を取得..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。