教育心理学

閲覧数292
ダウンロード数2
履歴確認

    • ページ数 : 4ページ
    • 会員550円 | 非会員660円

    資料紹介

    【佛教大学】 2020年 「教育心理学」 合格済み レポート

    2020年度佛教大学通信課程 「教育心理学」の合格済みレポートです。


    佛教大学は特に罰則が厳しいのでそのままの転用は控えてください。
    こちらを参考程度に、新テキスト・自らの考察を付け加えるなどしてご利用ください。
    大変ですががんばりましょう!

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    教育心理学
    教師の勢力資源およびリーダーシップの捉え方について説明し、それらを踏まえて学年(あ
    るいは校種)に応じた児童生徒への指導行動・コミュニケーションのとり方について考察
    しなさい。
    子どもは周囲の複雑な環境に置かれているため、常にその環境に順応しながら成長して
    いく。子どもの複雑な環境とは学校での生活と言える。常に学校に居続ける生徒にとって
    多くの人と接する機会がある。そこで一緒に過ごす仲間や指導してくれる教師など学校と
    いう世界を理解し、適応できる力や知識を獲得しようと行動する。また、本能によって獲
    得しようとすることに対しておっくうになることや、自発的になる場合も多い。そこに大
    きく関わってくるのが教師という存在である。1 クラス単位で見ても絶対的な力を持つ教師
    や、友達のように接する教師、自信がなく導く能力が乏しい教師、多くの性格を持った人
    が担任になっている。その担任によってクラスの内情が大きく変わっていく。そこには教
    師の「勢力」、教師が変わった途端に違うクラスのようになることや、「リーダーシップ」、
    教師によって生徒自身の行動が変化すること等が挙げられる。まずは..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。