地域診断(地域アセスメント)の重要性と内容及び留意点について

閲覧数884
ダウンロード数0
履歴確認

    • ページ数 : 2ページ
    • 会員550円 | 非会員660円

    資料紹介

    地域福祉実践における地域診断(地域アセスメント)の重要性とその内容及びそこにおける社会福祉士としての留意点について述べて下さい。その際、地域診断が必要とされる場面や位置づけ、意義、目的や方法、基本的視点なども踏まえて記述して下さい。

    1.地域診断(地域アセスメント)とは
    2.地域診断の意義
    3.社会福祉士として留意点

    引用文献・参考文献
    1.新・社会福祉士養成講座9 地域福祉の理論と方法 中央法規出版 
    2.武川正吾 地域福祉計画―ガバナンス時代の社会福祉計画 有斐閣アルマ
    3.野口定久 地域福祉論―政策・実践・技術の体系 ミネルヴァ書房

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    1.地域診断(地域アセスメント)とは
    地域診断とは、地域の問題を診断し、問題の解決行う、地域住民による集団・組織を診
    断することである。具体的には、不足する社会資源を開発することや、地域における活動
    の際に活用可能な社会資源を探す、地域の特性や地域の強みや良さを把握するなど様々な
    場面において活用される。
    2.地域診断の意義
    地域診断は実践者が地域の状況を把握しておくという点から、コミュニティソーシャル
    ワークにおいて基礎的な位置づけをされる。主な意義としては、①対個人の支援を行う際
    のケアマネマネジメントにおいて、活用可能な社会資源を探す、②個人のニーズが地域の
    ニーズであるかの検証、..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。