精神科医療機関に勤務する精神保健福祉士の役割及び精神障害者支援を進めるためにソーシャルワークとはどうあるべきか考察

閲覧数561
ダウンロード数2
履歴確認

    • ページ数 : 2ページ
    • 会員550円 | 非会員660円

    資料紹介

    精神科医療機関に勤務する精神保健福祉士の役割をまとめなさい。医療機関の形態を限定せず、総合的にとらえること。さらに、精神科医療機関において精神障害者支援を進めるためにソーシャルワークとはどうあるべきか、自分の意見を述べなさい。

    精神科医療機関では、クライエントが受診する前の相談から、入院中および退院後の生活に至るまで幅広い支援が展開される。そこで精神保健福祉士が担う役割とは、①クライエントの疾患の状態を踏まえた個別性の高い支援の提供、②院内・院外のコーディネーターの2点が存在すると考える。これらをもとにソーシャルワークがどのようにあるべきかを以下に述べる。

    【参考文献・資料】
    1.新・精神保健福祉士養成講座8 精神保健福祉援助実習指導・実習(第2版)
    2.新・精神保健福祉士養成講座9 精神保健福祉援助演習(基礎・専門)(第2版)
    3. 日本ソーシャルワーカー連盟 ソーシャルワーカーの倫理綱領
    http://www.japsw.or.jp/syokai/rinri/sw.html
    4. 日本精神保健福祉士協会 精神保健福祉士の倫理綱領
    http://www.japsw.or.jp/syokai/rinri/japsw.htm

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    精神科医療機関では、クライエントが受診する前の相談から、入院中および退院後の生
    活に至るまで幅広い支援が展開される。そこで精神保健福祉士が担う役割とは、①クライ
    エントの疾患の状態を踏まえた個別性の高い支援の提供、②院内・院外のコーディネータ
    ーの2点が存在すると考える。これらをもとにソーシャルワークがどのようにあるべきか
    を以下に述べる。
    精神科医療機関において精神障害者支援を進めるためのソーシャルワークとは、まずは、
    クライエントを尊重することが非常に重要である。それは、クライエントの症状の経過に
    は個別性があり、同じ疾患であっても同じ病状であることは多くない。また、クライエン
    ト自身が..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。