我が国の「精神科医療機関」の機能、特徴、役割、根拠法、今後期待されることについて

閲覧数658
ダウンロード数1
履歴確認

    • ページ数 : 2ページ
    • 会員550円 | 非会員660円

    資料紹介

    我が国の「精神科医療機関」の機能、特徴、役割、根拠法、今後期待されることについてまとめさない

    1.精神科医療機関の概観
    (1)精神科医療機関の機能、特徴、役割
    (2)精神科医療機関の形態
      ①精神科病院
      ②精神科診療所
      ③総合病病院の精神科

    【参考文献・資料】
    1.新・精神保健福祉士養成講座8 精神保健福祉援助実習指導・実習(第2版)
    2.新・精神保健福祉士養成講座9 精神保健福祉援助演習(基礎・専門)(第2版)
    3.医療法
    4.精神保健福祉法

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    1.精神科医療機関の概観
    (1)精神科医療機関の機能、特徴、役割
    クライエントが最初に利用するのが精神科医療機関である。精神科医療機関は、精神疾
    患の診断と治療をしながらも、精神福祉領域においては、危機介入的な治療提供が少なく
    ないことや医療サービスの提供だけでは問題が解決しないという特性があるため、リハビ
    リテーションや地域生活支援など多様な機能を備えているという特徴がある。
    精神科医療機関の役割については、治療前の段階では、クライエントや家族などに対し
    て精神保健福祉士や医師が受診・受療に関する相談援助を行う。
    その後、具体的に医療が提供される段階では、生活状況や病気に関する情報を..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。