図画工作Ⅰ「材料経験の重要性と、子どもの主体的な制作活動を促す題材化との関係について、具体的な題材例を示し、自身の制作経

閲覧数392
ダウンロード数1
履歴確認

    • ページ数 : 9ページ
    • 会員550円 | 非会員660円

    資料紹介

    【概要】
    2020年度 東京福祉大学 7131 図画工作ⅠのA判定レポートです。

    【レポート設題】
    「材料経験の重要性と、子どもの主体的な制作活動を促す題材化との関係について、具体的な題材例を示し、自身の制作経験もふまえて述べよ。」

    【分量】
    2999字(指定レポート用紙8枚)+参考文献

    【評価担当教員からの所見(一部抜粋)】
    材料経験の重要性を児童と教師の両面から捉え、それぞれの立場からの重要性を述べられています。児童にとっては「五感を通じて、様々な材料を感じる」体験であり、表現における動機やイメージ形成のための重要な要素であると材料経験の重要性を捉えられています。また、教師にとっての材料経験の重要性として、児童の表現の選択肢を増やすことが挙げられています。

    レポート作成の参考になれば幸いです。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    「 材 料 経 験 の 重 要 性 と 、 子 ど も の 主 体 的 な 制
    作 活 動 を 促 す 題 材 化 と の 関 係 に つ い て 、 具 体
    的 な 題 材 例 を 示 し 、 自 身 の 制 作 経 験 も ふ ま え
    て 述 べ よ 。」
    1 . は じ め に
    図 画 工 作 で は 、材 料 と の 対 話 が 不 可 欠 で あ る 。
    と こ ろ で 、 平 成 2 9 年 告 示 の 小 学 校 学 習 指 導
    要 領 に よ れ ば 、 図 画 工 作 科 の 教 科 目 標 と は 、
    表 現 及 び 鑑 賞 の 活 動 を 通 じ て 、 造 形 的 な 見
    方 ・ 考 え 方 を 働 か せ 、 生 活 や 社 会 の 中 の 形 や
    色 な ど と 豊 か に 関 わ る 資 質 ・ 能 力 を 育 成 す る
    こ と を 目 指 す こ と で あ る 。 内 容 と し て は 、 「 表
    現 」 と 「 鑑 賞 」 の 二 つ が 挙 げ ら れ て い る 。「 表
    現 」 は 、 人 が 材 料 に 働 き か け る 営 み 、..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。