【PB2120】初等社会科教育法 1単位目 合格レポート 2019年度~

閲覧数296
ダウンロード数9
履歴確認

    • ページ数 : 3ページ
    • 会員550円 | 非会員660円

    資料紹介

    明星大学通信教育部
    【PB2120】初等社会科教育法 1単位目 1発合格レポートです。

    ≪使用テキスト≫
    『小学校 新学習指導要領 社会の授業づくり』澤井陽介著(明治図書)

    皆様の参考になれば嬉しいです。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    【PB2120】初等社会科教育法 1 単位目
    ≪課題≫
    ⑴初等社会科の目標の特徴と身に付けさせたい社会科の学力について論じなさい。
    ⑵初等社会科における「社会的事象の見方・考え方を働かせる」授業づくりについて、そ
    の目的と実践方法を具体的に論じなさい。
    ≪ここから本文≫
    (1)日本や世界の未来を担う子どもたちが、これからの社会を生き抜く上で必要な資質や
    能力をどう身に付けさせていけばいいのか。社会科の学習を通し、子どもたちに何を身に
    付けさせることができるのか。そうした観点から以下の論述を行う。
    初等社会科の教科目標は、「社会的な見方・考え方を働かせ、課題を追及したり解決し
    たりする活動を通し、グローバル化する国際社会に主体的に生きる平和で民主的な国家及
    び社会の形成者に必要な公民としての資質・能力の基礎を養う」という柱書部分と、「知
    識及び技能」、「思考力、判断力、表現力等」、「学びに向かう力、人間性等」の 3 つの柱に
    沿った資質・能力に関わる具体的な目標で構成されている。
    目標を基に、小学校社会科で身に付けさせたい学力を「知識」「技能」「思考力・判断力」
    「表現力」..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。