八洲学園大学 情報資源組織論 第1回レポート【A評価】2021

閲覧数273
ダウンロード数1
履歴確認

    • ページ数 : 3ページ
    • 会員880円 | 非会員1,056円

    資料紹介

    八洲学園大学司書課程「情報資源組織論」の第1回課題レポートです。
    A評価で、先生からは「特に問題がなかった」とコメントをいただきました。
    このまま丸写しはせず、参考としてご利用ください。
    【問題】
    情報資源組織における分類の意義について論じなさい。論述においては、以下の各語を使用するものとする。
    書架分類、書誌分類、日本十進分類法(NDC)
    (字数:本文1,500字~2,000字)
    ※本文の字数に、タイトルや注、文献一覧の字数は含まれません。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    情報資源組織における分類の意義について
    1,はじめに
    そもそも「情報資源組織」とは何か。「情報資源」とは図書館においては図書、雑誌、地図、
    写真、CDなどの所蔵物と言い換えることができる。そしてそれを「組織」、つまり組み立て
    ることであり、『精選版 日本国語大辞典』では「広義には一定の機能をもちつつ、全体と
    して結合を保っているもの」とされている。この図書館の情報資源組織における、分類方
    法とその意義について述べていきたい。
    2,書架分類と書誌分類
    図書館での分類には資料をモノとして整理するための書架分類、情報を整理するための
    書誌分類がある。
    ・書架分類
    書架分類とは書架上の図書館資料を、主題・テーマによって体系的にグループを作り、排
    列するための分類である。書架上に配架することから配架分類とも呼ばれる。資料上のラ
    ベルに表示する分類記号は簡潔で識別しやすいことが望ましく、主題を詳細に表現するた
    めに長くすることは避けなければならない。したがって一般に簡略なものとならざるをえ
    ない。一つの資料には一つの分類記号しか与えることができず、何らかの分類法を用いる。
    書架分類は利..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。