要介護認定を申請してから、介護保険のサービスを利用するプロセス

閲覧数415
ダウンロード数0
履歴確認

    • ページ数 : 1ページ
    • 会員550円 | 非会員660円

    資料紹介

    【A評価】高齢者等が要介護認定を申請してから、実際に介護保険制度のサービスを受けるまでの一連のプロセスについて述べなさい。その際、居宅サービスと施設サービスにおける「ケアプラン」に関連づけて述べなさい。(1193文字)

    参考文献
    『高齢者に対する支援と介護保険制度』 社会福祉士養成講座編集委員会編 中央法規 2015年
    『いちばんわかりやすい 介護保険』 伊藤亜記 成美堂出版 2020年
    『医療保険・年金・介護保険のしくみ』 森島大吾 三修社 2020年

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    介護保険のサービスを利用するには、「要介護・要支援認定申請書」を市町村に提出す
    ることから始まるが、まず、地域包括支援センターや市区町村の介護保険窓口に相談す
    ると良い。「基本チェックリスト」の質問に答えることで、おおよその介護の必要性な
    どが確認でき、要介護認定を申請するか検討する。ただし、あきらかに介護が必要な状
    態、利用者や家族が希望する場合はチェックリストによらず申請できる。申請をした場
    合、後日、本人の状態や生活の様子を直接確認するため、市区町村もしくは委託の調査
    員が自宅を訪れて行う「訪問調査」が行われる。訪問調査の内容は、認定調査票(概況
    調査、基本調査、特記事項)にまとめられる..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。