【佛教大学/最新2021年度】初等体育教育法 S5234 [スクーリング課題12回&最終試験] セット販売 A判定

閲覧数430
ダウンロード数1
履歴確認

    • ページ数 : 12ページ
    • 会員660円 | 非会員792円

    資料紹介

    佛教大学 【A判定】合格済みのレポートです。
    スクーリング課題全12回と最終試験のセット販売です。
    学習指導案では低学年「水遊び」を単元として作成しています。

    2021年度シラバス対応の最新版です。
    本レポートを参考に自身の経験を織り交ぜてご利用いただけると幸いです。
    ※内容の丸写しは絶対にお控えください

    【最終試験】
    1.子どもたちにとって「わかるーできる」体育の授業を実践するために必要な教師の資質・能力は何だろうか、また、どうすればそれらの資質・能力を身につけることができるだろうか。本講義を振り返り、上記2点について考えを述べなさい。

    ○参考文献
    石田智己・山口幸治(2018)「新しい教職教育講座 教科教育編⑨ 初等体育教科」ミネルヴァ書房

    ○佛教大学通信教育課程のレポートをまとめていますので
    是非、お気軽にご覧ください!お役に立てれば幸いです!
    https://www.happycampus.co.jp/docs/921458137669@hc21/?__a=gnb

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    1.「これまでの体育科の変遷」を学んで理解したこと、およびこれからの体育の授業に必
    要なことについて、自身の考えを400字~600字程度にまとめなさい。
    1-1,「これまでの体育科の変遷」を学んで理解したこと
     「体育科教育」は時代の流れや特性と共に変遷してきたことがわかった。明治・大正・
    昭和初期は欧米列強に追いつくことを目指したり、戦争で活躍する国民を輩出するために
    身体の鍛錬と精神の練磨を目指した教育内容が行われた。昭和20年以降は戦争の終焉と
    同時に軍事的訓練と関連を持つ教育内容が除去された。昭和20
    年から現在に至るまで
    は、心身の健全な発達を重視した運動や体育が生涯にわたって親しむものであり、生涯ス
    ポーツに親しむ資質や能力の基礎を培うことを目標として指導内容が構成されてきた。
    1-2,これからの体育の授業に必要なこ

     これからの体育の授業に必要なこととして①体育科の活動を通して、自らの課題を認識
    して解決に向けて行動できる授業づくり②社会に出た後も生涯にわたってスポーツを楽し
    めるような「楽しい」「やりきった」「心が動かされた」と感じられる教材づくりだと考
    える。..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。