【佛教大学/最新2021年度】初等音楽教育法 S5232 [学習指導案&最終試験] セット販売 A判定

閲覧数1,475
ダウンロード数12
履歴確認

    • ページ数 : 4ページ
    • 会員660円 | 非会員792円

    資料紹介

    佛教大学 【A判定】合格済みのレポートです。
    スクーリング動画視聴の[設問3つ]と[学習指導案]のセット販売です。

    ◎「ぶんぶんぶん」を教材とした音楽づくりに特化した学習指導案を作成しています。
    2021年度シラバス対応の最新版です。
    本レポートを参考に自身の経験を織り交ぜてご利用いただけると幸いです。
    ※内容の丸写しは絶対にお控えください

    ○参考文献
    高見仁志(2018)『新しい小学校音楽科の授業をつくる』ミネルヴァ書房

    ○佛教大学通信教育課程のレポートをまとめていますので
    是非、お気軽にご覧ください!お役に立てれば幸いです!
    https://www.happycampus.co.jp/docs/921458137669@hc21/?__a=gnb

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    <設問
    1
    >講義映像ワーク①~⑦に定められる小課題全
    7
    問に解答せよ。解答の際は、「はじ
    めに」にて指定している様式を遵守すること。
    <設問
    2
    >(
    400
    字程度)
    ワーク①~⑦でとりあげた音楽あそび、あるいはそれ以外の音楽あそびで、ぜひ実践したい
    ものをあげ、「なぜ実践したいのか」講座内容に関連させ考えを述ベよ。
    <
    設問
    3>(400
    字程度
    )
    本講座をふり返って感想を述べよ。
    <設問1

    小課題1
    番「音楽ゲームで講師が行っていた工夫」
     音楽ゲームを紹介する際に「OK
    さん、ちくわさん」など擬人化して例えて児童のイメージ
    を活性化させる。児童の反応を見ながら演奏して、リズムが明確な演奏を心がける。ゲーム後
    には児童が笑ったり、感想を言い合う時間を確保する。
    小課題2
    番「交互唱やお手あわせ遊びをする際に教師が留意したい点」
     交互唱では子ども主体で少しずつ教えて、覚えにくい箇所は何回も連続させる。その際に拍
    の流れを止めずに教えることが大切である。お手あわせ遊び
    では、同じ素材でもバリエー
    ションをつけるなど遊びこませることが重要になる。
    小課題3
    番「..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。