Audiolingual MethodとCommunicative Approachのそれぞれの長所・短所

閲覧数2,804
ダウンロード数2
履歴確認

    • ページ数 : 1ページ
    • 会員550円 | 非会員660円

    タグ

    レポート語学英語教育教育法

    代表キーワード

    英語教育法

    資料の原本内容 ( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    Audiolingual MethodとCommunicative Approachのそれぞれの長所・短所
    Audiolingual Methodは話し言葉重視の教授法である。これは構造言語学と行動心理学を基に構成された。
    この教授法では構造言語学の視点から、パターンプラクティスという方法がとられる。文法に関しての説明はあまり、もしくは全く行われず、その代わりに模倣・暗記・反復を重視し、ドリルを使って文型練習をひたすら行うというものである。この模倣・暗記・反復は行動心理学からの視点である。
    また、もうひとつ構造言語学の視点から、イントネーションや発音を重視する。
    この教授法は何度も何度も練習す...

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。