東北福祉大学 精神科リハビリテーション学 2単位目 【精神保健福祉の理論と相談援助の展開】

閲覧数312
ダウンロード数0
履歴確認

    • ページ数 : 3ページ
    • 会員550円 | 非会員660円

    資料紹介

    【良】評価の合格レポートです。
    皆様のレポート作成の一助になれば幸いです。

    ○リハビリテーションにおける家族支援の
    考察の参考に!
    ○精神障害者本人の援助と同様に、環境因子として
    家族に対して適切な支援を提供することが重要であること
    についてまとめています。
    ○【EE研究】について取り上げて述べています。

    東北福祉大学
    (科目)精神科リハビリテーション学
    (課題)精神科リハビリテーションにおける家族支援の必要性と意義について述べよ。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    1
    精神科リハビリテーション 2 単位
    (課題)
    精神科リハビリテーションにおける家族支援の必要性と意義について述べよ。
    (解答)
    これから、精神科リハビリテーションにおいて家族支援が必要とされる理由を考察した
    うえで、必要性と意義について述べる。
    精神科リハビリテーションの支援技法には、作業療法、集団作業療法、認知行動療法、
    心理教育、チームアプローチなどがある。その中の心理教育では、家族支援として家族を
    対象とした心理教育プログラムがある。はじめに、家族支援が必要とされる理由を考察し
    たうえで、心理教育の背景や歴史にも触れておきたい。私は、この精神科リハビリテーシ
    ョン以外の科目で、現在の日本では精神障害者の社会復帰、地域移行が促進され、社会的
    入院が課題であること、そして精神障害者を私宅監置していた過去があることを学んでい
    る。障害者福祉論という科目では、私自身の内なる偏見も発見した。精神障害者を隔離し
    ていた名残りは、今もなお存在し、集合意識として偏見、差別という現実に反映している。
    このような社会で、家族が精神疾患、精神障害を抱えたとき、家族にはどのような変化が
    ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。