法学レポート 法の解釈について 合格レポート(スクーリング)

閲覧数602
ダウンロード数1
履歴確認

    • ページ数 : 1ページ
    • 会員1,210円 | 非会員1,452円

    資料紹介

    法学夏季スクーリングの合格レポートです。
    テーマ内容は「法の解釈」、字数制限2500字です。
    参考までにご覧ください。参考文献載せております。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    「法の解釈(解釈方法)について」 (2500字程度)
    法の解釈とは、法文の意味や内容を明らかにして、客観的に理解できるようにすることを言
    う。法の解釈を行うにあたってその基本となる考え方には、立法者が法制定時に有していた
    意思を探究し、それを再現することにあるという立法者意思説と、立法者意思とは無関係に
    法そのものの持つ意味を解明しようとする法律意思説とがある。どちらかだけを用いるという
    のではなく、双方によるアプローチが必要となる。これらとは別に歴史的解釈(沿革解釈)が
    あり、法が成立した時の経緯に基づきながら、法の意図する真の意義を発見するために行わ
    れる解釈をいう。法成立の沿革として、法律案の提出理由、草案作成者の理由書、法律案審
    議の議事録等が参考とされる。さらに、目的論解釈というものもあり、そもそも法は一定の目
    的をもって制定されるので、その目的である正義や公平の目的にかなうような解釈を指す。
    法の解釈方法には、様々な技術が用いられている。その個々の技術の説明の前に、大きく
    分けて有権解釈と無権解釈という二つの種類がある。有権解釈は貢献的解釈とも呼ばれる
    もので、立法・司..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。