読書感想文『夏の庭』を読んで

閲覧数1,237
ダウンロード数1
履歴確認

    • ページ数 : 6ページ
    • 会員770円 | 非会員924円

    資料紹介

    新潮文庫 平成6年発行 湯本香樹実著 「夏の庭」
    中学生向けの読書感想文です。
    昔に書いたものが押し入れから出てきたので参考にされる方がいらっしゃいましたらご活用ください。
    原稿用紙5枚の読書感想文という夏休みの課題があり、大変でしたので、是非ご参考に

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    20 × 20
    『 夏 の 庭 』 を 読 ん で
    「 夏 の 庭 」 は 、 国 語 の 先 生 の お す す め で し
    た 。 と て も 面 白 い と 紹 介 さ れ ま し た が 、 す ぐ
    に 読 も う と は 思 え ま せ ん で し た 。 な ぜ な ら 、
    そ の 本 を 初 め て 手 に し た と き 裏 表 紙 の あ ら す
    じ に
    「 死 ぬ 瞬 間 を こ の 目 で み る た め に 。」
    と い う 言 葉 が 書 か れ て い た か ら で す 。 私 は ね
    そ れ を と て も 不 快 に 感 じ 、 素 直 に 読 む 気 持 ち
    に は な れ ま せ ん で し た 。 ま る で 、 人 の 死 を 楽
    し む か の よ う な 言 葉 が 、 ど う し て も 理 解 で き
    な か っ た か ら で す 。 死 と は そ ん な に 明 る い も
    の で は あ り ま せ ん 。 ま し て 、 死 ぬ の を 待 っ て
    い る よ う な 言 動 は 、 好 奇 心 か ら で も 決 し..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。