社会保障 社会保障が経済に与える効果について

閲覧数250
ダウンロード数0
履歴確認

    • ページ数 : 2ページ
    • 会員550円 | 非会員660円

    資料紹介

    S評価のレポートです。1602文字

    【設題】 社会保障が経済に与える効果について具体的に考察しなさい。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    世界的にみて、社会保障という言葉が使われるようになったのは20世紀になってから
    である。第二次世界大戦以降、先進国では福祉国家の建設を目指して社会保障の充実に力
    を入れてきた。日本でも憲法や国民のニーズを踏まえつつ、社会保障制度の整備を進めて
    きた。今回は社会保障が経済に与える効果を考えていきたい。
    社会保障には、社会的セーフティーネットの機能として、不測の事態により生活困難に
    陥った人を救うものであり、病気や失業などの生活を不安定にさせる危険に対して、その
    影響を極力小さくさせる効果がある。病気になったときの医療保険制度、働く場を失った
    時の雇用保険や、障害を負ってしまった際の障害者福祉等のサービスなどさまざまな分野
    で社会保障の給付が行なわれている。これらの機能で、私たちの生活の安定が図られてお
    り、必要不可欠な存在となっている。
    私たちの生活において必要不可欠な社会保障であるが、社会保障は経済に大きな影響を
    与えるものである。特に、社会保障制度が拡大すればするほど、経済には良くない影響を
    与えるといわれている。例として、税や社会保険料の負担が増加すると、単純に家計の可
    処分所..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。