日本国憲法 2021年 佛教大学通信 受理

閲覧数260
ダウンロード数0
履歴確認

    • ページ数 : 5ページ
    • 会員550円 | 非会員660円

    資料紹介

    日本国憲法 2021年 佛教大学通信 受理 
    レポート学習の参考にご活用ください。
    ※この資料をそのまま提出する等の行為はおやめください。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    日本国憲法 第 1 設題
    (1)
    課題 法 の 下 の平等について
    近代憲法に おける 人権は 、すべて の人間が生ま れなが らに して固有の 、
    奪 うこと ので きない権利を もつと いう 考え方に立っ ている。 この思想に
    よ る人権 宣言 は、個 人主義 、自由 主義 のうえに立ち 、国家権 力から の自
    由 を中心にお くもの であった。そ して、19世紀に 自由放任を基礎とす
    る 資本制社会が発展した。 しかし、資 本主義 が高度 化すると、自由 競争
    は 貧困と 失業を生みだす原因とな り、人権保 障は新 しい転回を余儀なく
    さ れ、20世紀の西欧自由 国家の 憲法では、 多かれ 少なかれ 、自由 権に
    加 えて社 会権 をも保障し、 資本主 義体制 の修正に即応している。
    こ れ ま で の 人権保 障の歴史を概観す ると、 いくつ かの注目 すべき 点が
    あ る。それ は、「新 しい人権が憲法の 解釈運 用を通 じて登場し ている 」・「 人
    権 と 人権と の 衝突を どう調整す る か という問題が 多 く 生 ま れ ている 」・
    「 人権を 法的に救..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。