社会理論と社会システム 日本社会における家族、地域社会の変化

閲覧数428
ダウンロード数2
履歴確認

    • ページ数 : 2ページ
    • 会員550円 | 非会員660円

    資料紹介

    A評価のレポートです。1608文字

    【設題】 近年の日本社会における家族、地域社会の変化の傾向を統計などを用いてリアルに説明し、そこから生じる課題や問題点を指摘し、自分なりの意見と対応策を述べなさい。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    現代の日本では少子高齢化問題が大きく叫ばれている。1994年に高齢者人口が1
    4%を超えて国連の基準で定義された高齢社会となった。そこから平均寿命の上昇や、社
    会構造の変化により、晩婚化や共働きの家庭が増えて出生率の低下など、さまざまな要因
    を伴って少子高齢化が加速していき、2020年は高齢者人口が超高齢社会を軽く上回る
    28.5%も占めるようになった。この数字は世界のどの国よりも高い数値であり、動向
    を世界的に注目されている問題である。
    今回は例として、西宮市北部地域の地域社会の変化を述べながら、北部地域の課題を社
    会福祉士としての視点で探し、それに対する自分なりの意見や対応策を考えていきたい。
    西宮市は六甲山を境に北部地域と南部地域と別れている。西宮市の各地域特性を簡単に
    説明すると、南部は主要な電鉄や国道が通っており、商業施設や医療施設、教育施設など
    充実している。一方、北部地域では電車の路線は無い為、最寄りの電車の駅までバスに乗
    らなければならなく、公共交通機関での移動が難しい地域である。また、市役所や社会福
    祉協議会等の公共機関は全て南部に所在を置いており、北部には市役所..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。