[A判定] レポート 「感情・人格心理学」 東京福祉大学

閲覧数678
ダウンロード数2
履歴確認

    • ページ数 : 3ページ
    • 会員550円 | 非会員660円

    資料紹介

    こちらのレポートはA評価と教員の高評価の所見をいただきました。

    レポート内容は高評価を得るために、誰が読んでも分かりやすいように工夫しながら要点・キーワードを用いて作成しております。

    レポート作成などの参考資料としてご活用くださいませ。

    また、こちらのレポート以外にも東京福祉大学でA判定をいただいたレポートをアップロードしておりますのでご興味があればご覧くださいませ。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    「精神分析における人格理論について述べよ。」
    1.レポートの概要
    精神分析学の理論を体系化したフロイトは、性格の構造論が精神分析の理論の基本をな
    すものとして、小児期体験の重視、小児性愛論、抑圧についての考え方、無意識の重視な
    どをあげている。フロイトの理論は理論そのものを性格の構造論(心的装置論)、欲動論無
    意識論、発達論、防衛機制論、神経症論、夢解釈論などに大別することができる。もちろ
    んこれらの理論は相互に密接に関連し合っている。
    今回のレポートでは、まず最初に心的構造論について述べた後、次に精神分析での心の
    発達について述べ、次にコンプレックス論について述べる。そして最後に防衛機制論につ
    いて述べるという展開になっている。
    2.心的構造論
    フロイトの理論の中心となる人格(性格)の構造論について述べていく。フロイトは人
    格の構造として、イド・自我・超自我の 3 つの領域を考えた。この 3 つの体系はそれぞれ
    独自の機能、特性、内容、力学をもっている。イドは精神のもっとも原始的な基礎となる
    層、目我は現実に適応する機能を強調するときの主体、超自我は人間社会の道徳が個人に
    ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。