[A判定] 心理演習レポート 「心理師による心理支援について、いずれかの分野における架空のケースをひとつ考案する~」

閲覧数322
ダウンロード数1
履歴確認

    • ページ数 : 3ページ
    • 会員550円 | 非会員660円

    資料紹介

    こちらのレポートはA評価と教員の高評価の所見をいただきました。
    レポート内容は高評価を得るために、誰が読んでも分かりやすいように工夫して作成しております。
    レポート作成などの参考資料としてご活用くださいませ。

    また、こちらのレポート以外にも東京福祉大学でA判定をいただいたレポートをアップロードしておりますのでご興味があればご覧くださいませ。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    心理師による心理支援について、いずれかの分野における架空のケースをひとつ考案する
    こと。そして、その架空のケースにおけるインテークからアセスメント、見立て、考慮す
    べき多職種連携をまとめること。
    1.教育領域における問題
    教育領域における大きな問題の一つとして、いじめ・不登校の問題がある。不登校の問
    題は、その背景に、いじめや発達障害、児童虐待、学校の相談体制や教師の学級経営の力
    量など多様な要因が複雑に絡んでいる。今回はいじめの架空のケースとして、「X 県立 A 中
    学校で起きたいじめ」について以下に述べていく。
    2.架空の事例
    ある日、A 中学 1 年 A 組の担任の先生が、放課後に、A 組の教室に戻ったとき、女子生
    徒 3 名が B 子の持ち物を投げ、B 子がそれを「返して!」と叫んでいる現場を見た。担任
    が生徒たちに近よって「何をしているんだ」と声をかけると、女子生徒たちは「からかっ
    てただけだよね、B 子」と開き直った態度で答え、それに対して B 子は「う…うん。」とだ
    け答え、下を向き黙ってしまった。先生はとりあえず女性生徒たちに B 子の持ち物を返す
    よう促し、返..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。