相談援助の理論と方法 ケースマネジメントの目的と構成要素、また重要性について考察しなさい

閲覧数234
ダウンロード数2
履歴確認

    • ページ数 : 2ページ
    • 会員550円 | 非会員660円

    資料紹介

    A評価のレポートです。1612文字

    【設題】 ケースマネジメント(ケアマネジメント)の目的と構成要素についてまとめるとともに、多職種連携やソーシャルサポートネットワークの視点を踏まえながら、ケースマネジメント(ケアマネジメント)の重要性について考察しなさい。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    我が国のケースマネジメントは、1990年に創設された在宅介護支援センターで試行
    的に始められた。2000年から施行された介護保険法の中に導入されケアマネジメント
    という用語で本格的に実施される事となった。
    ケースマネジメントには、五つの目的があり、一つ目に住み慣れた地域の中で生活する
    ために、身体的、心理的、社会環境的に総合的な改善・維持を行ない生活の支援を進める
    事。二つ目にクライエントの自己決定を支援し、自立の支援を行なう事。三つ目にクライ
    エントの身体機能的側面、精神心理的側面、社会環境的側面を総合的に維持・向上させて
    いき、QOLを向上させていく事。四つ目に地域社会で生活し続けていけるよう支援し、
    コミュニティケアを推進する事。五つ目にクライエントを病院や施設から在宅への生活に
    戻る支援を行なう事や、在宅生活において不要なサービスや重複したサービスの利用を避
    ける事で社会保障財源を抑える事である。これらをまとめると、様々な社会資源を活用し
    ながら住み慣れた地域の中で、クライエントの主体的な在宅生活を維持する事を目的とし
    ている。
    ケースマネジメントを行なう為に三つの構成要素..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。