権利擁護と成年後見制度 成年後見制度における身上監護と財産管理について

閲覧数270
ダウンロード数2
履歴確認

    • ページ数 : 2ページ
    • 会員550円 | 非会員660円

    資料紹介

    c評価のレポートです。1534文字

    【設題】 成年後見制度における身上監護と財産管理の内容と役割について簡潔にまとめてください。そして、社会福祉士はそれらの仕組みをどのような他専門職と、どのように連携して活用すれば良いか、あなたの意見を述べてください。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    成年後見制度が行なう事務は「成年被後見人の生活、療養看護及び財産の管理に関する
    事務」であるとされており、通常は身上監護事務と財産管理事務とに分けて整理すること
    が多い。また、身上監護と財産管理を行なうにあたっては、成年後見人が成年被後見人の
    心身の状態及び生活状況に配慮しなければならない、身上配慮義務がある。この身上配慮
    義務は原則として身上監護に関するあらゆる事務を含むとされており、また財産管理に関
    しても本人の財産を本人の利益の為に管理しなければならない。その為に、身上配慮義務
    を遂行するためには、成年被後見人の意向を十分配慮して支援を行なう必要がある。
    成年後見制度の基本理念は「自己決定と本人保護」の調和にあるが、この基本理念を成
    年後見人等が行なう事務の内容の面から具現化したものが身上監護である。身上監護の実
    務として、成年後見人は与えられた権限に基づき本人を代行して、日常生活の維持、住居
    や施設に関する契約、医療や福祉サービスの利用、QOL の向上を目指す社会参加や余暇活
    動の契約や手配を行なう事になる。また、身上監護には契約内容の履行監視も含まれおり、
    福祉サービスのチ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。