保険医療サービス 保険医療サービスにおける多職種連携の意義

閲覧数194
ダウンロード数1
履歴確認

    • ページ数 : 2ページ
    • 会員550円 | 非会員660円

    資料紹介

    B評価のレポートです。1590文字

    【設題】 保険医療サービスにおける多職種連携の意義と配慮すべき点についてまとめなさい。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    現在の日本は超高齢社会に入っており、多くの人が生活の中で医療や介護のニーズが増
    加してきているが、団塊の世代が75歳以上となる2025年以降はさらにニーズが増し
    ていくことが予想されている。そこで、地域包括ケアシステムを構築する重要性を言われ
    ている。地域包括ケアシステムとは住まい・医療・介護・予防・生活支援が一体に提供さ
    れることである。しかし日本では当然に大都市や人口減少する町村部と様々な地域差が生
    じているため、各地域の特性に合わせて作り上げていくことが必要とされている。
    地域包括ケアシステムを構築するにあたって重要になることは、多様な専門職が関わる
    ことによる連携である。上記で挙げたような支援を一体で提供されるためには他職種連携
    が必要不可欠であり、協力して作り上げた効果的な支援を行なっていく。その人にとって
    住み慣れた自分らしい生活を人生の最後まで続けることが出来るように各専門職は連携を
    取りながら実践していくことを目的としている。
    医療や介護の連携を行ない、住み慣れた地域での生活を実現させるためのものであるが、
    ニーズが増す人口の増加がある為、施設から在宅へと転換を図る..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。