特別活動・総合的な学習の時間の指導法M_試験

閲覧数347
ダウンロード数17
履歴確認

    • ページ数 : 2ページ
    • 会員660円 | 非会員792円

    資料紹介

    【日大通信】特別活動・総合的な学習の時間の指導法 メディア授業

    メディア授業にて開講の「特別活動・総合的な学習の時間の指導法M」試験課題の合格リポートでございます。

    課題:「生きる力」を育成することを主軸とする現在の教育政策、及び学習指導要領において、特別活動、総合的学習がどのような教育的意義を求められているのかを説明し、それらを実現するために特別活動、総合的学習を教育課程としてどのように構成すればよいかについて、本時の内容を総合的に踏まえながら、具体例を挙げてあなたの考えを論述せよ。

    少しでも皆様のお役に立てましたら幸いです。
    レポート執筆がんばって下さいね!

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    特別活動・総合的な学習の時間の指導法 M【試験】
    「生きる力」を育成することを主軸とする現在の教育政策、及び学習指導要領において、特別活動、総
    合的学習がどのような教育的意義を求められているのかを説明し、それらを実現するために特別活動、
    総合的学習を教育課程としてどのように構成すればよいかについて、本時の内容を総合的に踏まえなが
    ら、具体例を挙げてあなたの考えを論述せよ。
    本質的な教育理念として位置付いている「生きる力」とは、「いかに社会が変化しようと、自分で課題を
    見つけ、自ら学び、自ら考え、主体的に判断し、行動し、よりよく問題を解決する資質や能力」のこと
    であり、人知を越えて進展する複雑で予想困難な社会に対応すべくより主体的によりよい社会、幸福な
    人生の創り手となる子どもの育成が目指される。現行の学習指導要領は、「生きる力」を育てる教育の実
    効性の向上、「主体的、対話的で深い学び」の重視、カリキュラム・マネジメントの重視、キャリア教育
    の更なる充実を特徴とする。
    特別活動は、なすことにより学ぶ、自主的、集団的カリキュラムである。人間関係育成、社会参画、自
    己実現を目指し、3 ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。