人権同和教育 2020年度

閲覧数277
ダウンロード数0
履歴確認

    • ページ数 : 3ページ
    • 会員550円 | 非会員660円

    資料紹介

    「50年に及ぶ戦後の同和教育史を概括すること。また、人権(同和)教育の意義と学校における人権(同和)学習のあり方を具体的に論述すること。」の論文です。2020年度に合格をいただいております。参考にしてください。丸写し等は処罰に値しますので絶対にしないでください。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    50 年に及ぶ戦後の同和教育史を概括すること。また、人権(同和)教育の意義と
    学校における人権(同和)学習のあり方を具体的に論述すること。
    まず初めに同和教育について考える。同和教育とは、同和問題を解決するため
    の教育の営みの総称であると考えられている。「部落解放運動」や「同和行政」
    がそれに当たるが、これらは、それぞれが独立し存在して同和問題の解決を目
    指してきたわけではないのである。お互いが密接に関連しあいながら、同和問
    題の解決を目指し総合的に取り組まれた結果、解決に向けての一定の成果が生
    まれてきたと言える。
    いうまでもなく、同和問題は「人類普遍の原理」である。人間の自由と平等に
    関わる問題であり、日本国憲法に保障された基本的人権に関する課題でもある。
    その早急な解決こそが国の責務でとされ、同時に国民的課題でもある。また、
    大きく同和地区に対する差別意識を払拭するため同和地区外に働きかける教育
    活動や同和地区を対象とした教育活動などがある。同和教育を行う意義には、
    一人一人の教育権を保証するとともに、確かな学力の定着を目指し、個人の価
    値が大切であるとし、自主的で積極性のあ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。