教育心理学 第一設題 2020年度

閲覧数321
ダウンロード数5
履歴確認

    • ページ数 : 3ページ
    • 会員550円 | 非会員660円

    資料紹介

    テーマ「実践活動のなかでの学びの特質について、教室学習と対比させながら解説しなさい。また、コルブが提唱した体験学習のサイクルモデルの4ステージを円滑に循環させていくための支援について、キャンプにおける自然体験活動を例に考察しなさい。」の論文です。2020年度に合格をいただいております。参考にしてください。丸写し等は処罰に値しますので、絶対にしないでください。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    実践活動のなかでの学びの特質について、教室学習と対比させながら解説しなさい。また、
    コルブが提唱した体験学習のサイクルモデルの4ステージを円滑に循環させていくための
    支援について、キャンプにおける自然体験活動を例に考察しなさい。
    学校教育において学習の仕方は様々で、基本的に学校で行われる学習方法は座学を中心と
    する教室学習である。しかし、教室学習だけでは学習速度や学習の質が良くないのではな
    いだろうか、ただ教科書や書物の中に組み込まれているものを頭に入れるだけだけでは、
    社会に出た時に学習してきたことが存分に発揮されないように感じる。そこで大切となっ
    てくるのが実践活動や野外活動など普段の教室学習とは違った、自らの経験や体験から発
    見したり、自分で考えたり、気づいたことを振り返るなどの学習の仕方である。その実践
    活動がどのように大切なのか、なぜ実践活動を教育の過程で入れるのかをこれから述べて
    いく。
    実践活動に行ける学びはその時の状況に埋め込まれており、教室学習とは違った学びの
    過程である。活動の場に身を置き、実際に肌で感じたことは教室で口頭により教えられた
    ものよりも自分の知識と..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。