日本国憲法の改正と憲法第9条を巡る歴史的変遷

閲覧数917
ダウンロード数4
履歴確認

    • ページ数 : 6ページ
    • 全体公開

    資料紹介

     第二次安倍内閣成立後に盛り上がった改憲運動についてのレポートです。なぜ憲法を変えるのか、変えないのかを述べた後、牙城である9条の取り扱いについて、即時改憲をオプションの一つとして所有することの意義について論じました。

    参考文献リスト
    ・深瀬忠一[1987]『戦争放棄と平和的生存権』岩波書店。
    ・憲法調査会[1964]『憲法調査会報告書』大蔵省印刷局。
    ・渡辺治[2002]『憲法「改正」の争点』旬報社。
    ・竹前栄治, 岡部史信, 藤田尚則[2001]『日本国憲法・検証1945-2000資料と論点 第7巻 護憲・改憲試論』小学館。
    ・武田昌之[1993]「近代西欧国際組織構想外観―日本国憲法第9条の歴史的位置づけのために―」『北海道東海大学紀要 人文社会学系』Vol.6、pp.25-38。
    ・愛敬浩二[2002]「9・11事件と米軍支援法――〈9・11〉以後の憲法状況を考える」全国憲法研究会『憲法と有事法制』。
    ・星野光一[2006]「憲法第9条改正問題」『創価大学大学院紀要』Vol.28, pp.97-121。
    ・田中伸尚[2005]『憲法九条の戦後史』岩波新書。

    タグ

    資料の原本内容( テキストデータ全体をみる )

    日本国憲法の改正と憲法第9条を巡る歴史的変遷
    ―9条は守るだけでよいのだろうか―
    1. はじめに
     第二次安倍晋三内閣の成立後、憲法改正の動きが大きく報道されている。しかしながら、憲法改正を巡り、日本国憲法成立から現在に至るまで、決着を見ぬまま論争が繰り返されてきた。本稿では、憲法第9条に着目して、憲法改正の是非を論じていきたい。
     要するに、なぜ、憲法を変える必要があるのか。なぜ、憲法を変えてはいけないのか。象徴あるいは牙城として扱われることの多い、憲法第9条を軸に、議論の整理を試みたい。さらに、憲法第9条を如何に扱うべきか、筆者なりの提言を示したい。
    2. 憲法改正の歴史的変遷と第9条を巡る対立の過程
     星野[2006]によれば、改憲運動を、、以下の通り5段階で歴史的に区分している。この区分に則れば、2013年現在は、第6次改憲運動と呼べるだろう。
    (1)第1次改憲運動(1950年代)
    (2)第2次改憲運動(1960から1970年代)
    (3)第3次改憲運動(1980年代)
    (4)第4次改憲運動(1990年代)
    (5)第5次改憲運動(2000年代)
     2.1第1次改憲運動(1950年..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。