監査論期末試験対策メモ:監査人の実施する監査手続について

閲覧数419
ダウンロード数0
履歴確認

    • ページ数 : 2ページ
    • 全体公開

    資料紹介

    監査論の期末試験対策メモになります。最終評価はA+でした。以下2つの視点から講義をまとめてあります。

    I.監査人の実施する監査手続は、昭和41年と平成3年でどう変わったか?なぜかわったか?

    II.企業の不正と財務諸表の虚偽記載を監査基準はどのように扱ってきたのか?

    タグ

    資料の原本内容( テキストデータ全体をみる )

    監査人の実施する監査手続は、昭和41年と平成3年でどう変わったか?なぜかわったか?
    まず、昭和31年改正において、監査手続は、正規の監査手続とその他の監査手続にわかれていた。
    正規の監査手続とは、25年発表のものでは、
    政府その他の権威ある団体が
    実務上発達した慣習のなかから
    公正妥当な監査手続きとして
    公式に選定したもの。
    とされていたのが、昭和31年改正では、「公正妥当な監査手続きとして公式に選定」の文言が「通常実施すべき監査手続きとして選定したもの」に修正されていた。
    その昭和31年改正が、昭和41年改正では、「正規の監査手続き(normal auditing procedures)」が通常の監査手続に訳し換えられたのが特徴である。その理由は、正規の監査手続きというと役所によって定められたイメージが強くなるからであるといわれる。内容も、通常の監査手続は「財務諸表監査において通常実施すべき監査手続」されてあり、「政府その他権威ある団体」という主語が削られている。
    さらに、平成3年改正では、「通常の監査手続き」と「その他の監査手続き」という区分自体が廃止された。監査基準に準拠して、通..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。