マーケティング理論研究レポート:サブリミナル・インパクトによる消費者主権の変化

閲覧数358
ダウンロード数1
履歴確認

    • ページ数 : 3ページ
    • 全体公開

    資料紹介

    マーケティング理論の最終課題で提示されたレポートです。課題図書(下條伸輔(2008)『サブリミナル・インパクト―情動と潜在認知の時代』ちくま新書。)を元に3ページで仕上げました。評価はA+です。

    資料の原本内容( テキストデータ全体をみる )

    インターネットがもたらす消費者の選択の自由と制限
    ―消費者主権への挑戦―
    1. 序文
     インターネットは、消費者の選択肢を広める面もあれば狭める面もある。本稿は、インターネットを主軸に、企業が働きかける情動と潜在認知が消費者に与える影響について述べる。
    企業による情動と潜在意識をターゲットとした宣伝は、消費者の選択する「自由」を奪う可能性がある。下條(2008)曰く「経済社会の成熟は選択肢を増やすことで消費者の自由に貢献したかと思いきや、その幅を制限することでさりげなく自由も制御しようとしている」(p.200)のである。自覚させずに、情動や潜在認知に直接影響を与えことで、消費者を誘導するのである。
    古くから企業と消費者の関係は、「消費者主権」という言葉通り、消費者側が権力をもつ、と考えられてきた。消費者は自由な意思で購入していると思い込んでいたのである。しかしながら、企業による情動と潜在認知への働きかけによって、自らの好みや価値観が実は企業側の誘導を受けているのかもしれないのである。
     インターネットが生まれる前までは、基本的にマスメディアから一方的に、消費者に対して広告を流していた。..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。