日大通信 2019年〜2022年度 商品学 分冊1 合格レポート

閲覧数63
ダウンロード数0
履歴確認

    • ページ数 : 3ページ
    • 会員1,650円 | 非会員1,980円

    資料紹介

    日大通信 2019年〜2022年度 商品学 分冊1 合格レポート

    当レポートは2020年に合格したものです。
    あくまで参考程度としてお使い下さい。
    丸写しなどはご遠慮下さいませ。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    商品学 分冊 1
    現代商品の商品特性を考える ─〇〇〇〇〇について─
    注意:必ず,各自でサブタイトルの○○○○○を提示してリポートすること。
    〈ポイント〉
    現代商品が,モノ性・サービス性・情報性が結合して,商品価値が形成される構造や論点が
    提示されていること。
    〈キーワード〉
    機能・性能,サービス,付加価値,便益の束,商品価値の形成
    現代商品の商品特性を考える -Amazon Echoと Alexa のサービスについて-
    商品とは、商品を購入・私用する消費者にとって「消費者の必要や欲求に満足を与える
    もの」とされることから、「便益の束」とも定義されている。商品の便益はその物理的特
    性のみによってもたらされるのではなく、ブランドやサービスといった無形の要素も重要
    な役割をはたしている。つまり商品とは「モノとサービスの複合体」であるといえる。現
    代的商品が備える商品価値としては、個別商品としての機能や性能の側面である「モノ性
    」に加えて、個人的なフィット感、情報性やサービス性である「コト性」が求められてい
    る。本レポートでは現代商品として Amazon Echoとそ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。