【2020年】教育心理学リポート【佛教大学】

閲覧数985
ダウンロード数11
履歴確認

    • ページ数 : 5ページ
    • 会員550円 | 非会員660円

    資料紹介

    2020年 佛教大学 教育心理学  合格済みリポートです。

    設題:
    教師の勢力資源およびリーダーシップの捉え方について説明し、それらを踏まえて学年(あるいは校種)に応じた児童生徒への指導行動・コミュニケーションのとり方について考察しなさい。

    下記のようなコメントいただきました。
    設題の意図をよく理解してしっかり記述できていました。

    タグ

    佛教大学教育

    代表キーワード

    佛教大学教育心理学教育

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    教育心理学
    教師の勢力資源およびリーダーシップの捉え方について説明し、それらを踏まえて学年(あるいは校種)に応じた児童生徒への指導行動・
    コミュニケーションのとり方について考察しなさい。
    ●勢力資源
    担当教師や教科担任が変わった途端、勉強が好きになったり、成績が上がったり、クラスの雰囲気が変わる
    ことは多い。その理由として教師の持つ勢力資源の違いが挙げられる。勢力資源とは、児童生徒が教師の指示や
    指導に従ったり、注意に耳を傾けたり、学級活動や授業に意欲的に取り組んだりする理由のことであり、次の7
    つが挙げられている。
    ①親近・受容:親近感や被受容感に基づく勢力資源
    ②外見性:教師の外見的容姿のポジティブな評価に基づく勢力資源
    ③正統性:教師の行動を当然とすることに基づく勢力資源
    ④明朗性:教師の性格上の明るさに基づく勢力資源
    ⑤罰:教師に対する畏怖の感情に基づく勢力資源
    ⑥熟練性:教師の持つ熟練度に基づく勢力資源
    ⑦準拠性:自分にとって好ましい人物への勢力資源
    勢力資源が児童生徒にどのような影響を及ぼすかは、その児童生徒の校種・学年によっても異なると考えられ
    る。..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。