中央大学通信過程2020年体育理論第2課題[評価A]

閲覧数134
ダウンロード数0
履歴確認

イメージを作成中です。
資料の閲覧が長時間できない場合、ヘルプにお問い合わせください。

  • ページ数 : 0ページ
  • 会員770円 | 非会員924円

資料紹介

肥満が起こるメカニズムと、その評価方法、肥満改善のための効果的手法について詳しく説明せよ。

資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

中央大学法学部通信教育課程
Word 用レポート原稿用紙(ダウンロード用)
1 / 5
202011-1
ホチキス
………
ホチキス
………
肥満が起こるメカニズム
「体内に脂肪組織が過剰に蓄積した状態」を肥満という。なぜこのような状態が起こる
か。内分泌の疾患や遺伝子異常のないヒトであれば、支出エネルギーと摂取エネルギーの
アンバランス、つまりエネルギー支出に見合う以上のエネルギーの持続的摂取が原因であ
り、全体の 95%以上がこれにあたる。ヒトは 1 日に 3000 キロカロリー以上のエネルギーを
消費する能力があるが、運動などで消費されるエネルギーが少ないと余ったエネルギーが
体内で脂肪として蓄えられ、肥満に繋がる。ヒトの進化における生存戦略として、自然環
境の狩猟採集生活では滅多に入手できない、高脂肪、高糖分、高カロリーな食べ物を摂取
したときに体内に脂肪として蓄え、十分にカロリーが摂取できない時に利用するよう適応
してきた。生物学的要因以外にも、科学技術的、経済的、文化的、行動学的、心理学的要
因などが考えられる。近年の社会変化により、食料を得るために多大な..

コメント0件

コメント追加

コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。