コロナ禍におけるハローワークの社会的役割について

閲覧数3,338
ダウンロード数10
履歴確認

    • ページ数 : 2ページ
    • 会員550円 | 非会員660円

    資料紹介

    資料の原本内容 ( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    コロナ禍に置けるハローワークの社会的役割について(1013字)
     今日では「ハローワーク」として知られているが、ハローワークとは1947年厚生労働省設置法第23条に基づき設置される公共職業安定所が該当する。求職者と企業を結びつけ、働きたい人と労働者を得たい企業をマッチングさせる。しかし就職内定率は82%という数字も発表されており、11年ぶりの下落である。さらに来春の大卒内定率は13.5%と発表しているデータも存在し、就職何が伺える。採用が低迷するが、一方で企業が早く優秀な学生を採用したいという動きもみられる。
    (参考:https://www.nikkei.com/article/DGXZQOD...

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。