心理学的支援法(演習) 認知行動カウンセリングについて

閲覧数1,493
ダウンロード数1
履歴確認

    • ページ数 : 3ページ
    • 会員880円 | 非会員1,056円

    資料紹介

    設題:認知行動カウンセリングについて。に関する課題についてまとめました。 評価:A評価をいただきました。参考資料としてご活用ください。

    資料の原本内容 ( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    行動療法は、不適応行動は適応行動と同じ学習によるものであり、学習過剰や学習不足によって起こると、アイゼンクにより提唱された心理療法である。
    拮抗抑止原理とは、安心と不安は対立関係にあり、一方が強い時はもう一方弱くなるという行動療法の原理となる。例えば100の安心状態の時に、Aという10の不安刺激が与えられても不安は生じない。この時の不安を0と考える。次にABという20の不安刺激が与えられてもAの刺激10はすでに0であるため、実質10の刺激となり、この時も不安を生じない。このように大きな安心刺激の下で、不安刺激を段階的に強めていく事で、不安の誘発を減少させていく手続きを系統的脱感作法と呼ぶ。
    人...

    コメント1件

    JhAM 販売
    上記の情報や掲載内容の真実性についてはハッピーキャンパスでは保証しておらず、 該当する情報及び掲載内容の著作権、また、その他の法的責任は販売者にあります。 上記の情報や掲載内容の違法利用、無断転載・配布は禁止されています。 また、本レポートを参考以外の利用(剽窃、盗用、転載など)におけるいかなる不利益も補償いたしかねますのでご了承ください。良識、節度あるご利用をお願い申し上げます。
    2022/02/10 19:52 (2年3ヶ月前)

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。