知覚認知心理学 問題解決と推論の過程について

閲覧数258
ダウンロード数0
履歴確認

    • ページ数 : 3ページ
    • 会員770円 | 非会員924円

    資料紹介

    問題解決と推論の過程について。に関する課題についてまとめました。
    評価:A評価をいただきました。参考資料としてご活用ください。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    人 が 生 活 を し て い く 際 に は 、 必 ず 何 ら か の 行 動 が 必 要
    で あ り 、 そ の 行 動 に は 必 ず 目 標 や 目 的 を 伴 っ て い る と 言
    え る 。 こ の 時 、 目 標 に 到 達 し よ う と す る あ る 試 み が 、 失
    敗 な い し 、 う ま く 目 標 を 達 成 で き な か っ た と い う 問 題 場
    面 に 対 し て 、 目 標 に 到 達 す る た め の 手 段 や 、 方 法 と し て
    見 出 す も の 、 を 問 題 解 決 と い う 。 今 回 、 問 題 解 決 の ア プ
    ロ ー チ の 一 つ で あ る 試 行 錯 誤 と 洞 察 に つ い て 述 べ る 。
    試 行 錯 誤 と は 、 採 り う る 手 段 を 問 題 場 面 に 試 み 的 に 当
    て は め 、 試 み と 不 成 功 を 繰 り 返 す う ち に 解 決 を 見 出 そ う
    と す る も の 、 で あ り 、 ゾ ー ン ダ イ ク に よ り 提 唱 さ れ た 、
    問 題 箱..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。