社会福祉士 通信教育 相談援助演習で学んだことを社会福祉士として活用することについて

閲覧数112
ダウンロード数0
履歴確認

    • ページ数 : 1ページ
    • 会員550円 | 非会員660円

    資料紹介

    【通信教育】社会福祉士養成校のレポート課題における「相談援助演習」科目の「相談援助演習で学んだことを社会福祉士として活用すること」について記述したものです。

    【相談援助演習】
    課題「相談援助演習で学んだことを社会福祉士として活用すること」について

    【ポイント】
    面接授業全体を通して学んだことを、将来、自分が社会福祉士としてどのように活かすことができるか記述しなさい。

    ファイル形式:Word
    文字数:1050文字
    総合評価:75点

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    【相談援助演習】
    課題 「相談援助演習で学んだことを社会福祉士として活用すること」について
    【ポイント】
    面接授業全体を通して学んだことを、将来、自分が社会福祉士としてどのように活かすことができるか記述しな
    さい。
    面接授業の中で地域の組織化と福祉の組織化で構築される協議体のネットワークについて学んだ。以前、市民
    協働推進センターで働いた経験があるのだが、面接授業を受けていて、過去の市民協働推進センターで実現する
    ことを期待されていたのはこういうことだったのではないかと思った。また、その時の実感として、市民活動に
    参加している人たちの高齢化が気になっていた。社会福祉士として地域に暮らす..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。