中央大学法学部通信課程【刑法各論】2020年度第2課題 合格レポート〔評価:A〕

閲覧数1,699
ダウンロード数17
履歴確認

    • ページ数 : 6ページ
    • 会員770円 | 非会員924円

    資料紹介

    中央大学法学部通信課程【刑法各論】2020年度第2課題 合格レポート〔評価:A〕

    第2課題

    〔設問〕

    窃盗罪における「不法領得の意思」について、以下の問いに答えなさい。

    (1)「不法領得の意思」とは何か、説明しなさい。また、通説・判例が「窃盗罪が成立するためには不法領得の意思が必要である」と解する理由を述べなさい。

    (2)中大多摩キャンパスの近くに住むXは、中大生ではないが、白門祭期間中の日に大学内で各種のイベントを見物していた。Xは、正午ころ、近くのコンビニへ弁当を買いに行こうと思い、大学内の駐輪場に置かれていた中大が所有する自転車(価格は約2万円)に無断で乗り、モノレールの駅の近くにあるコンビニまで行って弁当を買い、ふたたび同駐輪場へ戻り、その自転車を元の位置に戻した。その間に要した時間は約10分、駐輪場からコンビニまでの距離は約500メートルであった。また、Xは、その日の夕方、帰宅しようと思ったが、歩いて帰るのが面倒になったので、ふたたび上記の自転車に乗り、中大から約1キロメートル離れた自宅近くでその自転車を乗り捨てて帰宅した。Xの罪責を論じなさい(ただし、建造物侵入罪の成否を検討する必要はない)。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    1 / 6
    中央大学法学部通信課程【刑法各論】2020 年度第2課題 合格レポート〔評価:A〕
    第2課題
    〔設問〕
    窃盗罪における「不法領得の意思」について、以下の問いに答えなさい。
    (1)「不法領得の意思」とは何か、説明しなさい。また、通説・判例が「窃盗罪が成立する
    ためには不法領得の意思が必要である」と解する理由を述べなさい。
    (2)中大多摩キャンパスの近くに住むXは、中大生ではないが、白門祭期間中の日に大学内
    で各種のイベントを見物していた。Xは、正午ころ、近くのコンビニへ弁当を買いに行こ
    うと思い、大学内の駐輪場に置かれていた中大が所有する自転車(価格は約2万円)に無
    断で乗り、モノレールの駅の近くにあるコンビニまで行って弁当を買い、ふたたび同駐輪
    場へ戻り、その自転車を元の位置に戻した。その間に要した時間は約 10 分、駐輪場からコ
    ンビニまでの距離は約 500 メートルであった。また、Xは、その日の夕方、帰宅しようと
    思ったが、歩いて帰るのが面倒になったので、ふたたび上記の自転車に乗り、中大から約
    1キロメートル離れた自宅近くでその自転車を乗り捨てて帰宅した。X..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。