【日本大学通信教育部リポート課題】憲法(課題1,課題2)セット

閲覧数476
ダウンロード数0
履歴確認

    • ページ数 : 4ページ
    • 会員1,650円 | 非会員1,980円

    資料紹介

    【日本大学通信教育部】憲法(K20100)課題1,課題2(2019~2022年度リポート課題)

    憲法(K20100)課題1,課題2の合格判定リポートです。(2020年合格,最終評価:A)

    以下の点にご留意いただき、みなさまの学習のお役に立てたらと存じます。
    ・内容につきましては、あくまで参考程度に止め、本文の丸写しは厳禁と致します。
    ・本リポートの使用に係る責任は一切取りません。自己責任でお願いいたします。
    ・誤変換などによる誤字・脱字がある場合がございます。ご容赦ください。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    日本大学通信教育部(2019 ~2022 年度リポート課題)
    【憲法(K20100 )課題1,課題2】
    以下の点にご留意いただき、みなさまの学習のお役に立てたらと存じます。
    ・内容につきましては、あくまで参考程度に止め、本文の丸写しは厳禁と致します。
    ・本リポートの使用に係る一切の責任は負いません。自己責任でお願いいたします。
    ・誤変換などによる誤字・脱字がある場合がございます。ご容赦ください。
    課題1
    【課題内容】
    課 題 :生存権(憲法 25 条)の法的性格について論じなさい。
    ポイント: 必ず判例に触れること。
    キーワード:プログラム規定,抽象的な権利,具休的な権利
    【参考文献(通信教育教材以外)】
    芦部 信喜 『憲法』岩波書店 2015 年
    【以下本文】※以下本文については参考程度に止め、本文の丸写しはしないこと。
    憲法 25 条第1項は、「すべて国民は、健康で文化的な最低限度の生活を営む権利を有す
    る」と定め、生存権を保障している。この生存権の保障は、誰もが人間的な最低限度の生
    活を送るための権利であり、これは社会権の中でも原則的な規定である。また..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。