【日本大学通信教育部リポート課題】日本政治史(課題2)

閲覧数895
ダウンロード数3
履歴確認

    • ページ数 : 3ページ
    • 会員880円 | 非会員1,056円

    資料紹介

    【日本大学通信教育部】日本政治史(L30400)課題2(2019~2022年度リポート課題)

    日本政治史(L30400)課題2の合格判定リポートです。(2020年合格,最終評価:A)

    以下の点にご留意いただき、みなさまの学習のお役に立てたらと存じます。
    ・内容につきましては、あくまで参考程度に止め、本文の丸写しは厳禁と致します。
    ・本リポートの使用に係る責任は一切取りません。自己責任でお願いいたします。
    ・誤変換などによる誤字・脱字がある場合がございます。ご容赦ください。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    日本大学通信教育部(2019 ~2022 年度リポート課題)
    【日本政治史(L30400 )課題2】
    以下の点にご留意いただき、みなさまの学習のお役に立てたらと存じます。
    ・内容につきましては、あくまで参考程度に止め、本文の丸写しは厳禁と致します。
    ・本リポートの使用に係る一切の責任は負いません。自己責任でお願いいたします。
    ・誤変換などによる誤字・脱字がある場合がございます。ご容赦ください。
    【課題内容】
    課 題 :加藤高明内閣の成立とその業績について説明しなさい。
    ポイント: いわゆる「第二次憲政擁護運動」がどのようにして起こり,加藤高明内閣が

    現することになったのか。そして,その主要な業績について,当時の社会情
    勢をふまえつつ明暗共に解説し,この歴史的な内閣の政治史的意義について
    論究されたい。
    キーワード:清浦奎吾内閣,護憲三派,三浦梧楼,普通選挙法,治安維持法
    【参考文献(通信教育教材以外)】
    近藤 操 『日本宰相列伝 10 加藤高明』時事通信社 1986 年
    佐々木潤之助 『概論 日本歴史』吉川弘文館 2000 年
    【以下本文】※以下本文につ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。