【現代社会と福祉】東北福祉大学 社会福祉原論 ③単位④単位セット

閲覧数1,071
ダウンロード数13
履歴確認

    • ページ数 : 5ページ
    • 会員880円 | 非会員1,056円

    資料紹介

    【優】の高評価の合格レポートセットです。
    ○社会福祉の【定義】【理念】【目的】のまとめの参考に!
    ○社会保障の【性格】の考察の参考に!

    東北福祉大学 
    (科目)社会福祉原論 CA3104
    (課題)3単位め 社会福祉の概念(定義)を他の生活保障方策(社会保障・”社会政策”)の関連から説明しなさい。
        4単位め 自らの”社会福祉”観をまとめてください。
    (文献)「新・社会福祉士養成講座4 現代社会と福祉」中央法規
        「福祉の思想」糸賀一雄著、NHK出版

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    1
    社会福祉原論 (CA3104) 合格レポート 2019 年度
    【課題】 ③→3 単位 ④→4 単位となります。
    ③社会福祉の概念(定義)を他の生活保障方策(社会保障・“社会政策”)の関連から説明
    してください。
    ④自らの“社会福祉”観をまとめてください。
    (解答)
    ③はじめに、社会福祉の概念を経緯とともに述べた後、社会政策との関連から述べていく。
    かつて一番ヶ瀬康子は社会福祉の概念を「目的概念」と「実体概念」に分け整理している。
    目的概念は目的、目標、背景に位置する価値であり、対して実体概念とは、社会福祉の政策、
    制度、活動などの実体を指すとした。岡村重夫は、かつてのイギリスでは年金・健康保険な
    どの事業がそれぞれで個別的に発展してきた経緯を踏まえ、社会福祉を他の事業と横並び
    にせず、限定的に捉え、固有の領域を確立しようとした。ここでの固有性とは、社会制度と
    個人の側面に注目し、不調和の調整をするという性格であると言える。中村優一は、社会福
    祉には一般対策に対する補充的な役割があるとした。独自の領域から一般対策と相互補完
    的な働きをする、一般対策をさらに効果的にする働..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。