中央大学通信過程2020年体育理論第1課題[評価A]

閲覧数330
ダウンロード数0
履歴確認

イメージを作成中です。
資料の閲覧が長時間できない場合、ヘルプにお問い合わせください。

  • ページ数 : 0ページ
  • 会員660円 | 非会員792円

資料紹介

運動不足が身体に与える影響について述べなさい。その上で現代社会において運動不足が増加し、社会的な問題となっている背景について論じなさい。

資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

中央大学法学部通信教育課程
Word 用レポート原稿用紙(ダウンロード用)
1 / 4
202011-1
ホチキス
………
ホチキス
………
1. 運動不足が身体に与える影響
運動は体力を増進させるだけでなく、心身の余裕も生み、活力の源となる。運動を行わ
ないことは単にこのような恩恵を受けないということではない。人間の身体は使わないと
その機能が退化してしまう。運動不足は体重の増加や生活習慣病のリスクを高め、血液循
環を悪くし、精神的に不安定になりやすくし、睡眠不足を引き起こしやすくする。また、
長期的に見ても発達に応じた適切な運動を行わないことで、成長期の心身の発達、青年期
の体力の増進や中年期以降の健康維持、ひいては生活の質にまで多大な影響を与える。
中高年が 1 ヶ月の筋トレを行うと脚筋力を 20%程高めることができる。しかしその約 1/3
が 1 ヶ月の座位生活によって失われる。コロナ禍によってそれまで通勤していた人がテレ
ワークとなると、それまで継続的に行っていた徒歩による歩数、階段利用、電車内での踏
ん張りなどがなくなるため、脚筋力への影響が出る。筋力の..

コメント0件

コメント追加

コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。