【優評価】社会福祉援助技術論A 「相談援助の概念及び技術の必要性と活用の在り方」について

閲覧数820
ダウンロード数1
履歴確認

    • ページ数 : 3ページ
    • 会員660円 | 非会員792円

    資料紹介

    福祉系大学通信教育部のレポート課題です。講義名「社会福祉援助技術論A」。評価は最高評価の優でした。本レポートは参考までに、そのままコピーして提出するのはお控えください。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    1
    (課 題)
    「相談援助の概念及び技術の必要性と活用の在り方」
    (解 答)
    ソーシャルワーカーの活動として、相談援助はその大きな役割を占めている。その概念
    を整理するうえでは、2014 年 7 月に国際ソーシャルワーカー連盟と国際ソーシャルワーカ
    ー学校連盟の総会・合同会議で採択された「ソーシャルワークのグローバル定義」の内容
    をよく理解したい。そこでは、次のように定義されている。「ソーシャルワークは、社会変
    革と社会開発、社会的結束、および人々のエンパワメントと解放を促進する、実践に基づ
    いた専門職であり学問である。社会正義、人権、集団的責任、および多様性尊重の諸原理
    は、ソーシャルワークの中核をなす。ソーシャルワークの理論、社会科学、人文学、およ
    び地域・民族固有の知を基盤として、ソーシャルワークは生活課題に取り組みウェルビー
    イングを高めるよう、人々やさまざまな構造に働きかける。」¹⁾
    まずは、諸原理として、社会正義と人権、集団的責任、多様性の尊重が根底に置かれて
    いる。ソーシャルワークの相談援助においては、対象とする当事者個人だけでなく、社会
    に社会正義の原理に反す..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。