【優】社会福祉援助技術演習C-2

閲覧数67
ダウンロード数0
履歴確認

    • ページ数 : 3ページ
    • 会員770円 | 非会員924円

    資料紹介

    通信制大学の社会福祉援助技術演習Cのレポート課題2単位めです。課題「ソーシャルワークの開発機能についてネットワーク形成などを例にその実際にも触れながら説明してください。」
    最高評価優でした。レポートは参考までに、そのままコピーして提出するのはおやめください。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    1
    社会福祉援助技術演習 C2 単位め
    (課 題)
    ソーシャルワークの開発機能について、ネットワーク形成などを例に、その実際にも触
    れながら説明してください。
    (解 答)
    「貧困」「虐待」など人々が抱える生活問題は、その人自身ではもう既に身動きが取れな
    いほど、多くの社会的な問題が複合的に絡み合っている場合が多い。人と環境の交互作用
    を構造的に捉え、当事者を取り巻く環境や地域社会に分野横断的に働きかけていくソーシ
    ャルワークの役割は、今後一層必要性を増してくるだろう。そのためには、多様な社会資
    源を活用・開発することも重要になってくる。これから、そうしたソーシャルワークの開
    発機能について述べていきたい。
    ソーシャルワークは、当事者の抱える生活のしづらさを社会的な手立てを用いて解決し
    ていくものである。その際、様々な社会資源を活用していくことが特徴である。当事者の
    地域生活におけるニーズを充足するためには、援助に活用できる社会資源が整備されてい
    ることが求められる。
    ソーシャルワークの機能として、社会性の原理、全体性の原理、主体性の原理、現実性
    の原理という 4 つの原..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。