(優)社会的包摂の実現を目指す社会福祉実践において地域の社会資源開発や活用の意義や必要性、プロセスについて

閲覧数55
ダウンロード数0
履歴確認

    • ページ数 : 4ページ
    • 会員660円 | 非会員792円

    資料紹介

    社会福祉士養成通信大学のレポート課題です。 
    科目名「社会福祉援助技術演習B」2単位目
    評価:最高評価 優(優、良、可、不可のうち)
    課題:社会的包摂(ソーシャル・インクルージョン)の実現を目指す社会福祉実践において、地域の社会資源開発や活用の①意義や必要性、②プロセスについて論じなさい。
    あくまでも参考としていただき、全文をそのまま提出するのはおやめください。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    1
    (課 題)
    社会的包摂(ソーシャル・インクルージョン)の実現を目指す社会福祉実践において、
    地域の社会資源開発や活用の①意義や必要性、②プロセスについて論じなさい。
    (解 答)
    社会的包括とは、「誰もが社会的に排除されることなく、社会とつながり、社会の構成員
    として包まれるという考え¹⁾」を意味している。社会福祉実践において社会的包摂の実現
    を目指すということは、社会的排除を解消し、「誰も排除しない」社会を作り上げていくこ
    ととも言い換えられる。
    しかし、現在の地域社会には、それを妨げている無関心や偏見といった社会を構成する
    個人の問題や、排除を助長する社会全体の問題が重なり合って存在しているように見受け
    られる。例えば東日本大震災時には、高齢者や障碍者への避難誘導や支援が届かなかった
    り、震災後に孤独死する人が相次いだりと、災害弱者への対応への課題が露呈した。さら
    に、先日の台風の際には、ホームレスを理由に避難所から排除されるといった人権侵害ま
    で起こってしまった。震災や災害が引き金となり、社会的排除のリスクが表面化した結果
    だ。そもそも、普段からの我々の意識や対応が十..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。